ブログ

カテゴリー:

歯のヒビのホワイトニングは可能か❓

歯にヒビがみられるものは、多く見受けられますが、そこにのみ着色がみられて審美障害をおこしている場合がたまにあります。

その際の治療に多く行われるものとしてCR充填があります。この治療方法はエナメル表面の微細なひびや割れを埋める治療方法です。初めは良くても、時間がたつとまた別の審美障害がが起きてしまうことがあります。

歯のエナメルクラックは、歯の表面にできる小さなひびや割れのことを指します。これは、加齢や歯ぎしり、過度の歯磨きなどによって引き起こされることがあります。エナメルクラックが発生すると、歯の外観が損なわれ、痛みや感染のリスクも高まります。そのため、多くの患者さんがエナメルクラックの治療方法を求めています。

befor

特に歯ぎしりや食いしばりのある人、咬合力の強い人は、過剰な力が歯に加わるため、マイクロクラックが入りやすいと考えられます。

マイクロクラックは、エナメル質に限局した表面的で浅いものであれば、ほとんど問題は生じません。

しかし、マイクロクラックが象牙質まで達するような深達性のものでは、クラックラインから細菌が入り込んで虫歯の原因になったり、しみたり、クラックラインが広がってしばしば歯の破折を生じます。また、クラックラインに着色を生じ、褐色の線状に見えるため、しばしば審美的に問題になります。

咬み合わせの当たりが強い方は、歯の破折を予防するために咬合調整が有効です。

また、歯ぎしりや食いしばりの自覚のある人は、ご自身の歯を過剰な咬み合わせの力から守るために、ナイトガードの使用が必要かもしれません。

エナメルクラックの治療方法

エナメルクラックのホワイトニングは、歯の色を明るくするための人気のある治療法の1つです。これは、専用のホワイトニング剤を使用して、歯の色を均一にすることで、クラックを目立たなくする方法です。

しかし、エナメルクラックのホワイトニングは、すべてのケースに適しているわけではありません。そのため、事前に専門家に相談することが重要です。

エナメルクラックのホワイトニングが適している場合、次のような手順が行われます。

1. 初期診査:まず、歯科医師が患者さんの歯の状態を評価し、エナメルクラックの程度や原因を調査します。また、患者さんの希望や期待する結果についても話を聞きます。

2. ホワイトニング剤の選定:エナメルクラックのホワイトニングには、様々な種類のホワイトニング剤が使用されます。歯科医師は、患者さんの状態や要望に合わせて適切なホワイトニング剤を選定します。

3. ホワイトニングの実施:選定されたホワイトニング剤を用いて、歯のクラック部分を重点的に処理し、色を均一に整えます。この際、歯の表面を保護するための措置も行われます。

4. アフターケア:ホワイトニング治療の後は、特定の食品や飲み物の摂取を制限することがあるほか、定期的な歯科検診やメンテナンスも重要です。

エナメルクラック、マイクロクラックのホワイトニングは、個々の症例によっては、他の治療法が適している場合もあります。

【症例】

before
after

そのため、専門家の意見を聞きながら、最適な治療法を選択することが重要です。

また、自宅で市販されているホワイトニング剤を使用する際は、適切な方法で使用することが大切です。誤った使用法や過度の使用によって、歯に悪影響を与える可能性があります。そのため、専門家の指導のもとで使用することをお勧めします。

エナメルクラックのホワイトニングは、歯の外観を改善し、患者さんの自信を取り戻すことができる素晴らしい治療法です。しかし、正しい方法で行わなければならないため、専門家の助言を得て、安全かつ効果的な治療を受けることが重要です。

歯にヒビが入ることは顔のシワと同様、自然なことですが噛み合わせの異常や不正咬合などから急速にヒビが進む場合は要注意です。

定期検診ではクリーニングだけでなく、自身の噛み癖や歯ぎしり噛み締めの有無などもチェックを受けてナイトガードの使用など、未然に歯を守ってください。

札幌市の保存治療にこだわる歯医者 東札幌三輪デンタルクリニック  院長 三輪智之

Page Top