トップへ » ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチについて

虫歯の治療で神経を抜いてしまった歯や外傷などで神経がなくなった歯は徐々に黒ずんで変色してきてしまうことがあります。


特に前歯では変色した歯が目立つので悩んでいる方も多いのではないでしょうか?


治療するには歯を削って被せ物にするしか方法がないなんて言われた方も多いかもしれません。

ウォーキングブリーチの治療イメージ

しかし、その変色した歯をなおせるのがウォーキングブリーチ(インターナルブリーチ)です。

ウォーキングブリーチは神経が無い歯だけに行えるホワイトニングです。歯を削らずに変色した失活歯(神経の死んでる歯)を白くしたい方にお勧めな方法です。

費用と回数のめやす

自由診療:1歯 20,000円(税抜)
治療回数:約3回 1回目:説明 2回目:治療 3回目:確認して蓋をして終了
治療期間:1週間

デメリット

歯の質によっては白くなりにくい場合があります。根の治療の状態によっては、まれに痛みがでる場合があります。必要に応じて根の治療が数回必要になります。

ウォーキングブリーチの治療法

失活歯の変色は歯の内部に原因があります。歯の中にホワイトニング剤を入れて、内側から歯を白くする事ができます。痛みもなくほとんどの患者様が1週間、1回の処置で満足の白さが得られます。

神経がなくなった歯の内側から白くするウォーキングブリーチは、歯の外側から白くするオフィスホワイトニングよりも歯が白くなる効果があり、見た目の雰囲気も自然な感じになります。

症例1 (20代女性)

施術前

施術前
矢印

施術後

施術後

症例2 (30代女性)

施術前

施術前
矢印

施術後

施術後

症例3 (40代男性)

施術前

施術前
矢印

施術後

施術後


ウォーキングブリーチを取り扱っている病院はホワイトニングを取り扱っている病院ほど多くなく、技術力にも差が出やすい処置のひとつです。

満足のいく白さにならずにあなたの大切な歯を削って被せてしまう前に一度ご相談ください。

当院の特徴
痛みの少ない麻酔キッズコーナー・カウンセリングルーム完備
充実した院内設備MI なるべく削らない治療

診療メニュー
審美治療予防歯科小児歯科ホワイトニングウォーキングブリーチ
矯正根の治療MTAセメントを用いた新しい治療削らないブリッジ
金具の見えない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)歯茎のエステ(ガムピーリング)

当院について
ドクター紹介院内ツアーアクセス・診療時間お支払方法と医療費控除について院長ブログ

このページのトップへ


トップへ » ウォーキングブリーチ