痛みの少ない治療

痛みの少ない
歯科治療を望む声

歯の治療といえば、痛みが気になってしまい、行くことを避けてしまう方も多いのではないでしょうか?
当クリニックではさまざまな工夫を取り入れ、痛みの少ない治療の提供をめざしております。
麻酔であれば表面麻酔や極細の注射針の使用、静脈内鎮静法などのご提案も可能です。
患者様一人ひとりへの配慮を忘れず、どなたでも安心して治療を受けていただける歯科医院をめざしております。

こんな方におすすめしています

  • 痛みを抑えた治療を受けたいと考えている方
  • 歯科恐怖症と診断され、実際、来院することが不安な方
  • できるだけ通院回数を減らしたい方
  • 嘔吐反射が激しく、治療に対して不安を覚えている方

当院の考える
痛みの少ない治療

麻酔注射時の痛みには、「針を刺す時の痛み」と「麻酔液を注入するときの痛み」がございます。これらを抑止することで、痛みの少ない治療をご提供できます。

1表面麻酔

針を刺す時の痛みを軽減するために行うのが表面麻酔です。
麻酔注射の前に、表面麻酔剤を針を刺す局所に塗ります。
塗布後、数分で麻酔が効いてきます。
当院では表面麻酔剤はジンジカインゲルを使用しております。
麻酔をする全ての患者様にこの表面麻酔をいたします。

2電動注射器

麻酔液を入れるスピード(圧力)をコントロールし「麻酔液を注入するときの痛み」を軽減するために使います。
一気に麻酔液を注入すると痛みが出やすくなります。

針を挿入後、指をそっと触れる程度の小さな力で、ごく少量の麻酔液を入れます。 しばらくその状態を保ちます。その後、ゆっくりと痛みを生じにくい速度で少量ずつ麻酔液を入れていきます。
このように麻酔液を入れる圧力とスピードをコントロールすることで、「麻酔液を注入するときの痛み」を軽減させることができます。

3極細の注射針を使用

注射針を指す時の痛みを軽減するために細い針を使うことは効果的です。
通常よく使われている針の太さは27G(0.4mm)や30G(0.3mm)ですが、当院では現在、33G(0.2mm)の極細先端径の針を使用しています。

  • 4歯肉頬移行部への注射

    歯肉頬移行部とは、歯肉と頬の境目部分です。

    この箇所は、痛点が比較的少ないため、痛みが出にくい箇所です。
    麻酔注射のはじめの刺入部位はこの箇所に行います。

  • 5テクニック

    針がスムーズに刺せるように粘膜を引っ張り緊張させ、刺入点を指で圧迫した後、針を動かさずに歯肉を動かして最初は浅く入れます。そうすることで、さらに痛みを軽減します。

Page Top