ブログ

カテゴリー:

テトラサイクリン歯とは?

テトラサイクリン歯(テトラサイクリン誘発性変色症)は、テトラサイクリンという抗生物質の摂取によって引き起こされる歯の変色症状です。

テトラサイクリンは一般的に抗生物質として使用されますが、歯の成長期に摂取されると、永久歯が茶色や黄色に変色する可能性があります。

テトラサイクリン歯を目立たなくする方法にはいくつかのアプローチがあります。以下にそれぞれの方法を詳しく説明します。

1. 歯科処置による対策
テトラサイクリン歯の変色が軽度な場合、歯の表面を研磨することで変色を目立たなくすることができます。研磨には歯科医師が使用する特殊な研磨剤やポリッシャーが使われます。また、歯の表面に薄いコーティングを施して変色を隠す方法もあります。

2. ホワイトニング治療
テトラサイクリン歯の変色が比較的濃い場合、ホワイトニング治療が効果的な方法となります。ホワイトニングは、歯の表面や内部の変色物質を除去するために使用される処置です。過酸化水素などの薬剤を使用し、歯の白さを取り戻すことができます。ただし、テトラサイクリン歯の場合、変色の程度によっては完全な白さが取り戻せないこともあります。

3. 審美的な処置
ホワイトニングだけでは十分な結果が得られない場合、審美的な処置を検討することも可能です。審美的な処置には、歯を削らずにセラミックを貼り付けるスーパーエナメル治療や、表面のエナメル質だけを削り取るなどしてセラミックを貼り付けるラミネートベニアという方法があります。このような処置により、テトラサイクリン歯を目立たなくさせることができます。

当院のスーパーエナメルの症例(上顎8本のみ、下顎はホワイトニング)

Before
色あわせ(シェイドテイク)
After

ほぼ歯を削らないスーパーエナメルの施術で、患者様のご希望のこんなに白い歯の色にまでchangeすることができました。

4. 予防:テトラサイクリン歯の最も効果的な予防方法は、妊娠中や8歳未満の子供がテトラサイクリンを避けることです。テトラサイクリンは胎児の歯の発育に悪影響を及ぼす可能性があり、永久歯の変色を引き起こすことが知られています。したがって、特に妊娠中や幼少期の子供には、テトラサイクリンを処方することは避けるべきです。必要がある場合には、他の抗生物質を選択するべきです。

テトラサイクリン歯の目立たなくする方法には、歯科処置、ホワイトニング治療、審美的な処置、予防などがあります。それぞれの方法は、変色の程度によって効果が異なる場合があります。専門家である歯科医師に相談し、最適な処置方法を選択することが重要です。 

     札幌市の保存治療にこだわる歯医者 東札幌三輪デンタルクリニック  院長 三輪智之

Page Top