ブログ

カテゴリー:

ヘミセクション(半分の根っこを保存する術式)

ヘミセクションは、歯の根の半分を保存して、その他の部分を取り除く治療法です。この手順は、特に多根歯のうち1つの根が病気や損傷を受けている場合に使用されます。以下では、ヘミセクションの手順とそのメリットについて詳しく説明します。

ヘミセクションの手順

1. ヘミセクションの前に、患者の口腔内をデンタルエックス線などの画像診断で評価します。これにより、どの根が問題を抱えているかが特定されます。
2. 患者に局所麻酔を行い、歯周組織や歯茎を切開して、歯の根にアクセスします。
3. 患者の咬合(かみあわせ)を制限するために、対象の歯を切断します。このとき、必要なだけ根の一部分を除去します。
4. 根の切断面を滑らかに整え、周囲の組織と押し付けて安定させるために、必要に応じて根面を形成します。
5. 切断した歯の表面を滑らかにし、咬合のバランスを整えるために、必要に応じて隣接する歯の形状を修正します。
6. 歯茎を閉鎖し、咬合の支持を提供する目的で縫合します。

ヘミセクションのメリット:

1. 根の半分を保存することにより、その歯を失うことなく咬合機能を保持することができます。特に、隣接する歯によるブリッジのサポートが可能です。
2. 保存された根は、周囲の骨組織との結合が維持されるため、咬合力を均等に分散させ、周囲の組織の健康を維持することができます。
3. ブリッジにすることで、失われた歯の機能や見た目を回復させることができます。歯の欠損部分を埋め、隣接する歯との間のすき間を埋めることで、見た目や咬合機能の改善が図れます。
4. セラミックのブリッジの場合は審美的な面でもメリットがあります。治療部分は天然歯と同じように作成されるため、自然な見た目を持つことができます。
5. ブリッジは固定されるため、取り外し不要であり、日常生活での摂食、発音、口腔衛生の面での制約が少なくなります。

ヘミセクションとブリッジは、1つの歯の一部を保存し、他の歯を補完するための優れた治療法です。歯の保存と機能の回復、そして審美性の向上を同時に実現できるため、適切な治療計画や手技による優れた結果が期待できます。ただし、この治療法は個別の症例に応じて検討される必要がありますので、歯科医師との相談をお勧めします。 

    札幌市の保存治療にこだわる歯医者 東札幌三輪デンタルクリニック  院長 三輪智之

Page Top