Instagram

ブログ

カテゴリー:

審美歯科と矯正歯科の違いは?

審美歯科と矯正歯科は、それぞれ異なる方法で歯の見た目や咬合を改善するための歯科治療です。

審美歯科は、主に外見の改善に焦点を当てた歯科治療です。歯の色や形、審美的な問題を解決するために、歯科医師はさまざまな方法を使用します。

審美歯科の特徴と方法

1. ホワイトニング:歯の色を明るくするために行われる一般的な審美歯科治療です。ホームホワイトニングキットやオフィスホワイトニングなどの方法があります。

2. 歯の形状修正:不規則な形状や歯のサイズを修正するために、歯科医師はコンポジットレジンなどの素材を使用して歯を修復・形成します。

3. ポーセレンベニア(セラミックベニア):これは、薄いセラミックの貼り物で、歯の色や形状を改善するために使用されます。セラミックの材料は非常に耐久性があり、自然な見た目を実現するために特に重宝されます。

4. インプラント:歯の欠損や喪失を修復するために使用される審美歯科の方法です。人工の歯をジョイントに埋め込み、自然な外観と機能を再現します。

矯正歯科は、歯の位置や咬合の問題を修正するために使用される歯科治療です。矯正歯科の治療は、歯列矯正装置を使用して歯の位置を変えることで行われます。

矯正歯科の特徴と治療法

1. ブラケット矯正:ブラケットとワイヤーを使用して歯の位置を修正する一般的な方法です。ブラケットは、歯の表面に取り付けられ、ワイヤーはブラケットに通され、定期的に調整されます。

2. 透明なアライナー:矯正をするための透明なプラスチックのレトーナーです。矯正プロセス中は、アライナーを定期的に交換する必要があります。インビザラインやクリアアライナーなどが代表的なブランドです。

3. 可視性の低い矯正:矯正装置の見た目を減らすために開発された治療方法です。セラミック製の透明なブラケットや裏側に取り付けられたブラケットを使用して、矯正を行います。

審美歯科と矯正歯科の最も大きな違いは、審美歯科が主に外観の向上に焦点を当てた治療であるのに対し、矯正歯科は歯の位置や咬合の問題を修正するための治療であることです。診断には歯科医師の専門的な判断が不可欠であり、患者のニーズと目標に応じて最適な治療法を選択する必要があります。 

                     札幌市のおすすめの審美歯科 東札幌三輪デンタルクリニック 院長 三輪智之

Page Top