トップへ » お支払方法と医療費控除について

お支払いに関して

クレジットカード対応

当院では現金の他に矯正治療費、自費診療費につきましては 、銀行振込、 各種クレジットカード、デンタルローンによるお支払いに対応しております。

銀行振込は当院指定の銀行口座へお振込ください。

デンタルローンについてはこちらからご確認ください。
オリコデンタルローン

お取扱いカード

お取り扱いカード

  • ・セゾンカードインターナショナル
  • ・JCBカード
  • ・三菱UFJニコス(DCカード)
  • ・マスターカード
  • ・VISAカード
  • ・アメリカン・エキスプレス
  • ・ダイナースインターナショナル
  • ・MUFGカード

でのお支払いが可能です。

各種クレジットカードでの(一括払い、分割払い、ボーナス払い)のお支払いが可能となっております。

お支払い回数、お支払い方法につきましては当院スタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

医療費控除のご案内

医療費控除とは?

自分自身や生計を一にする家族のために一年間支払った医療費の総額に応じて還付申告すると所得税が還付されるものです。

対象となる医療費

病気を治療するために実際に支払ったすべての費用です。たとえば風邪薬の購入代金、マッサージ代金、通院費(交通費)、寝たきり時のおむつ代などすべてを1年間分加算して申告できます。

ポイントは「美容」の為の支出ではなく、「健康維持」のための支出だということです。

歯科においては、金やポーセレンをつかった義歯の挿入、矯正に関しても不正咬合の歯列矯正のように身体の構造や機能の欠陥を是正する目的で行われるものはOK。

インプラントも対象となります。対象期間はその年の1月1日から12月31日までに支払った医療費です。

  治療費をデンタルローンで支払った場合  

信販会社が立替払をした金額は、その患者様の立替払いをした年の医療費控除の対象になります。デンタルローンを利用した場合には、患者様の手元には治療費の領収書がないことがあります。その際は、デンタルローンの契約書の写しを用意してください。

※金利及び手数料相当分は医療費控除の対象になりません。

  歯の医療費をクレジットカードにより支払った場合  

クレジットカードを利用した場合も、歯科医院発行の領収書が必要です。

※金利及び手数料相当分は医療費控除の対象になりません。

医療費控除対象金額

医療費総額から補填保険金を引き、そこから「10万円」か「所得の5%」のいずれか少ない金額をさらに差し引いたものが控除対象の金額となります。(年収200万円以上なら「10万円」、年収200万未満なら「所得の5%」とお考えください)

医療費控除額の計算方法

  • •補填保険金とは
    1. 1.社会保険などから支給を受ける医療費、出産育児一時金など
    2. 2.医療費の補填を目的として事故の加害者から支払われる損害賠償金や生命保険契約などの医療保険金、医療費給付金など
  • •医療費控除により軽減される税額は、その人に適用される税率により異なります。

手続き

一般の給与所得者は「還付申告」(3/15以降もOK)、それ以外の人は「確定申告」。

確定申告の期間中でなくても可能ですし、忘れていた場合も5年間までさかのぼって申請することができます。申請には領収書が必要になりますので大切に保管して下さい。

医療費控除に関して簡潔にご説明しました。当院にパンフレットもご用意しておりますが、詳細は税務署へお問い合わせください。

計算式がいろいろ出てきて面倒な感じがしますが、やってみると意外に簡単ですよ。

当院の特徴
痛みの少ない麻酔キッズコーナー・カウンセリングルーム完備
充実した院内設備MI なるべく削らない治療

診療メニュー
審美治療予防歯科小児歯科ホワイトニングウォーキングブリーチ
矯正根の治療MTAセメントを用いた新しい治療削らないブリッジ
金具の見えない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)歯茎のエステ(ガムピーリング)

当院について
ドクター紹介院内ツアーアクセス・診療時間お支払方法と医療費控除について院長ブログ

このページのトップへ


トップへ » お支払方法と医療費控除について