1. トップへ
  2. 神経を残す 歯髄温存療法

神経を残す 歯髄温存療法

歯髄温存療法とは

歯髄温存療法

歯髄温存療法(しずいおんぞんりょうほう)とは、神経を残す最新の治療法です。ラバーダム防湿をして無菌的な環境のもと、マイクロスコープを使った精密な治療で、歯の寿命を伸ばします。一般的には確実に神経をとらないといけないものが、MTAセメントを使うことで、神経をとらなくていいケースが増えてきております。 

マイクロスコープ
マイクロスコープ
ラバーダム防湿
ラバーダム防湿

MTAセメントについて

MTAセメント

MTAセメントとは、強い殺菌作用、高い封鎖性、体に優しい生体親和性、水分があっても固まる親水性という特徴を有するため、

○深い虫歯の神経を残すことができる
○治りにくい根の治療を治すことができる
○ひびの入った歯や、穴の空いた歯を接着、修復することができる
○歯根嚢胞の手術で根の先から穴を埋めることができる

本来ならば、歯を保存することが不可能である歯を抜かずに残せたり、神経を残すことが困難である歯の神経をとらずにすむことが可能になります。

症例1

処置前

処置前 歯髄(神経)に達する大きな虫歯がありました

矢印
処置後

処置後 虫歯をすべてとった後、MTAセメントを使いました。痛みなどの症状もないため、後日セラミックの材料で接着させたところです。

症例2

処置前

処置前 歯髄(神経)に達する大きな虫歯がありました

矢印
処置後

処置後 虫歯をすべてとった後、MTAセメントを使いました。痛みなどの症状もないため、後日セラミックの材料で接着させたところです。

症例3

処置前

処置前 歯髄(神経)に達する大きな虫歯がありました

矢印
処置後

処置後 虫歯をすべてとった後、MTAセメントを使いました。痛みなどの症状もないため、ダイレクトボンディングで終了しました。

上記材料を使用し、ラバーダム防湿、マイクロスコープを用いた治療は保険適応外の治療になります。

処置中の写真(別の症例) 処置中

費用と回数のめやす

自由診療:1歯 30,000円(税込)MTAセメントの処置料金
治療回数:約3回 1回目:説明 2回目:治療 3回目:確認
治療期間:約2週間~4週間
MTAセメントを詰めた後のコンポジットレジン充填などの処置は全て自由診療になります。

【その後の詰め物の費用】
ダイレクトボンディング(ラバーダム防湿) 33,000円
          or
セラミックインレー                                 50,000円
の費用が別にかかります。どれだけ歯質が残っているかにより、料金が変わります。

料金の内訳   ①30,000円+33,000円
                   ②30,000円+50,000円

合計   63,000円  or  80,000円(税込)

デメリット

歯の状態によっては神経をとらないといけない可能性もありえます。
また根の治療の状態によっては、抜かないといけない可能性もありえます。

● 当院の特徴
ネット予約痛みの少ない麻酔
充実した院内設備MI なるべく削らない治療

● 診療メニュー
審美治療予防歯科小児歯科しみにくい、痛みの少ないホワイトニング
ウォーキングブリーチ矯正根の治療神経を残す 歯髄温存療法削らないブリッジ
金具の見えない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)歯茎のエステ(ガムピーリング)

● 当院について
ドクター紹介院内ツアーアクセス・診療時間
自費治療の料金お支払方法と医療費控除について

このページのトップへ


トップへ » 神経を残す 歯髄温存療法